避妊の種類はどれくらいある?

避妊にはいくつかの種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
一般的な避妊具のコンドーム一番一般的なのがコンドームで、性感染症の予防にもなりますが、装着ミスや途中で破けるなどの失敗の可能性があります。次に一般的なのが低用量ピルなどの経口避妊薬です。
効果も高いですし、もともと子宮内膜症などの治療薬ですので生理が軽くなるなどのメリットがありますが毎日服用する必要があり、飲み忘れると効果が下がります。
ちなみにコンドームとピルの併用で妊娠の確率は限りなくゼロに近くなります。IUS(子宮内システム)IUD(子宮内避妊用具)は共に子宮の中に入れるもので共に挿入から最長5年間避妊出来るというものです。
IUSは黄体ホルモンを放出するタイプで、薬の種類でいえばピルのようなものですが、子宮の中に入れる為飲み忘れの心配がありませんがデメリットとして出血があります。
IUDは子宮内コンドームとも言えるもので授乳中でも使用出来るというメリットがありますが、生理の量が増えるというデメリットがあります。
究極の手段としては手術で卵管や精管を切断して卵子や精子の通路を遮断してしまう方法があり、単独で行う避妊では一番効果が高いですが、手術をしてしまうと後から子供を望んだ場合非常に大変な事になってしまいます。
他にも薬や器具を使用しない方法としてオギノ式や膣外射精などがありますが、オギノ式はもともと不妊症の方の為に研究された妊娠方であって、その理論で妊娠しづらい日を算出しているだけなので避妊の方法としては除外されます。
膣外射精も失敗の可能性が高いという事だけでは無く、そもそも射精をする前から少量の精子は出ていますのでこれも避妊の方法としては除外です。

低用量ピルの効果は99%以上の避妊効果

避妊の代表的な方法としては、コンドームが有名ですが、コンドームを使用しても100パーセント避妊ができるというわけではありません。コンドームを正しく使用しても、年間で15パーセント程度の割合で避妊に失敗しているともいわれています。
一方、低用量ピルによる避妊に関しては、99パーセント以上の避妊効果ともいわれていますから、かなり高い確率で避妊をすることができるということになります。また、低用量ピルの場合は、高い避妊確率だけではなく、様々なメリットもあります。
そのメリットとしては、生理の症状を軽減することができたり、ストレスやホルモンバランスによる肌荒れを軽減したり、月経周期を安定化したり、子宮内膜症といった婦人科系の病気に対するリスクを軽減させることができるなどのメリットがあります。
人によっては、ピルと聞くと飲むことに対して抵抗がある人もいるかもしれませんが、正しい方法で服用していれば、安心して服用することができます。
ただし、低用量ピルにも注意点が全くないわけではありません。低用量ピルの注意点としては、毎日服用しなければならないので飲み忘れが起きた場合に問題になってしまうことがあるということ、費用が多少かかるということ、副作用が出ることがあるということ、薬局では購入することができないので、病院で処方してもらう必要があることなどの注意点があります。
ただし、低用量ピルの入手方法としては、病院で処方してもらうという方法以外にも、インターネットを利用して個人輸入業者による通販を利用して、病院で処方してもらうよりも安く購入することができます。ただし、薬による影響については、自己責任になるので注意が必要になってきます。

もしものときのためにアフターピルを常備しよう

性行為をしているときに避妊に失敗したような場合は、妊娠する可能性があります。妊娠を望んでいるのであれば、全く問題はありませんが、妊娠を望んでいないのであれば、性行為後に妊娠しないように対処する必要があります。 このような性行為後の避妊については、アフターピルが有効となります。アフターピル性行為後にアフターピルを服用することによって、90パーセント以上の高い確率で避妊することができます。ただし、アフターピルは性行為後早期に服用することが大事になってきます。
もし、服用が遅くなってしまうと、避妊確率が下がってしまう恐れがあるので注意が必要になってきます。
アフターピルは72時間以内に服用するということがポイントになってくるので、遅くても3日以内に服用することが大事になってきます。しかし、常にアフターピルを常備しているのであれば、性行為後にすぐに服用することができるかもしれませんが、常備していない場合は、どこかで入手する必要があります。
現在、アフターピルはドラッグストアでは販売されていませんから、病院で処方してもらうか、インターネットで通販で入手するしかありません。インターネットで購入する場合は、わざわざ病院に行かなくても入手することができますが、実際に手元に届くに3日以上かかってしまう可能性があります。
また、病院に関しても、休みの時は受診ができないので、すぐに処方してもらえるとは限りません。ですから、もしもの時のためにアフターピルは、性行為をする前に事前に用意しておくということが大事になってきます。アフターピルを常備していれば、望まない妊娠の可能性が出た場合は、すぐに服用することによって、避妊することができるようになります。