低用量ピルと超低用量ピルの違い

低用量ピルは、医療機関で処方してもらうことのできる処方薬で、避妊効果が高いことで知られています。
正しく服用すると、ほぼ100%に近い確率で避妊ができる他には、生理の時の辛い症状を緩和するための月経困難症の治療や、子宮内膜症を改善させる効果などがあります。
低用量ピルは女性ホルモンを主成分としているのが特徴ですが、その女性ホルモンの働きで副作用が出るケースがあります。
ピルを服用したときの副作用として有名なものに、吐き気や倦怠感、体重の増加や肌荒れなどが挙げられますが、副作用が強い場合他の低用量ピルに変えざるを得ないケースや、最悪体質に合わない場合は服用を中止する必要があるケースがあります。
超低用量ピルの1つヤーズそのような方に適しているピルが超低用量ピルで、従来の成分より更に女性ホルモンの含有量を減らしているのが特徴です。
女性ホルモンの含有量を最低限にしているため、不快な症状が出る確率が低く、なおかつ快適な毎日を過ごすことができるのが特徴です。
1点注意としては、含まれている女性ホルモンの量が少ないため、排卵を抑制する効果が従来品よりも弱いため、毎日決まった時刻に服用する必要があります。
低用量ピルの場合は少し時間がずれても避妊効果に差し支えはありませんが、ホルモン量を極限まで抑えた超低用量タイプの場合は、時間がずれることによって排卵を十分に抑制することができなくなりますので、注意が必要です。
その点を了承していれば、低用量ピルを飲んだ時に起こる不快な副作用が少ない超低用量ピルは、様々な面でメリットが高い製品と言えます。
実際低用量タイプから超低用量タイプに切り替えてから体調が良くなったという方も多く、口コミでも人気のタイプです。