薬を使用して女性が避妊をコントロール

現在お付き合いをしている恋人など、パートナーが避妊をしてくれないけれど、結婚前の妊娠は避けたい。
こんな悩みがある女性には、自分自身で経口避妊薬を使用してコントロールが可能であることを知って欲しいです。避妊はコントロールが可能な事を伝える看護師
一般的な避妊方法としては男性が性行為前に着用して使用するコンドームが挙げられますが、恋人などのパートナーが使用に協力的でない場合だと、受け身である女性にはどうしようもありません。
ですが、婦人科などで処方してもらえる経口避妊薬を使用すれば、女性が自分で望まない妊娠をしないようコントロールすることができます。
妊娠を避けるために薬を処方してもらう、ということに抵抗がある女性もいるかもしれません。
それでも、もし望まない妊娠をしてしまったらと考えると、あらかじめコントロールすることが悪いことではないとお分かりになるかと思います。
希望していた訳ではない妊娠をしてしまった際に、一番傷付くのは女性です。
産む選択をしても、人工妊娠中絶を選択しても、身体にも心にも負担がかかります。
特に、パートナーの態度次第では心に大きな傷を負ってしまうことも考えられます。
そんな不安を抱えずに済むのが経口避妊薬の使用です。
自分のことは自分で守る。
そうした意味でも避妊のコントロールを女性が自分自身で行えるということのメリットは大きいです。
もちろん、こうした薬を使用することで望まない妊娠をしないようコントロールすることができますが、あくまでもホルモンバランスの調整という作用ですので、性感染症などは防げません。
また、飲み忘れなどによる妊娠の可能性も否定できません。
ですので、経口避妊薬とコンドームの両方を使用し、妊娠のコントロールと性感染症の予防の両方をできるのが理想的です。