避妊の為には彼の協力が必要

避妊の事を話し合うカップル避妊行動を行うに当たって重要な事は、パートナーとの協力です。彼の協力がなければなかなか避妊行動を実践できないのが現状です。ドラッグストアなどで手に入る避妊のための道具と言えばコンドームが有名ですが、これは彼が着用してくれなければ効果が発揮されません。つまり、男性主体の避妊方法だという事がいえます。しかし、女性だけでも行える避妊方法もあります。それはピルによる避妊行動です。これは、彼に協力を委ねなくても自分ひとりで行うことができます。しかし、ピルはコンドームほど手軽な物ではありません。二十四時間に一回、合計二回飲む必要があり、正しい服薬ができなければ効果が望めないという問題もあります。そして、産婦人科でなければ手に入らないのもコンドームに比べて浸透していない理由と言えます。しかし、ピルにはコンドームにない効果があります。それは過多月経に対して有効であるということです。これは長期的な服薬が必要になりますが、ピルは過多月経などの逸脱した月経周期を正常な周期に整えるという効果があります。そのため、避妊目的ではなく過多月経の治療などで手に入れた事があるという方も少なくないでしょう。
ただし、ピルは服薬しはじめた段階で身体に様々な影響を及ぼします。ホルモン剤なので体内のバランスが一時的に乱れる事となります。それ故に、体調が優れないという訴えを持つ方も少なくありません。そのため、なかなか服薬するのは怖いという方も多くなっています。しかし、基本的に副作用はホルモンバランスを整えることで生じるものであり、重篤な物は見られないとされている薬ですので安心して使用することができます。もしも分からない事があれば産婦人科医に尋ねてみる事をお勧めします。