pms改善のための避妊薬と服用のリスク

現在では、避妊薬は妊娠を望まない人だけではなく、多くの女性特有の症状の改善に利用されています。その代表的なものがpmsです。生理前2週間ごろから症状が起きる人が多く、軽度のものを含めると女性の80%以上の人がpmsの症状を感じたことがあるというデータもあります。その症状も多岐に渡っていて、頭痛や腹痛、膨満感やむくみといった身体の症状とともに、落ち込みやすい、なぜか泣いてしまう、不安があるなど、精神的な面でも症状が表れます。あまりにも酷い場合にはpmsの治療薬として避妊薬を処方してもらうことができますが、どのような薬でも服用することにはリスクが伴います。避妊薬を服用することによるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。どのようなリスクがあるか調べる女性
避妊薬を服用することのリスクは、吐き気や嘔吐、頭痛、むくみ、胸の張りといった症状が出ることです。これは避妊薬を服用することで身体を妊娠しているのと同じ状態にしてしまい、自分の身体からのホルモンの分泌量をコントロールします。妊娠している状態では身体は排卵を行わないため、子宮の中に精子が入って来ても妊娠することができません。妊娠している状態にするということは、つわりと同じような症状が出る可能性があるのです。また、避妊薬に配合されているホルモンは妊娠中の出血に備えてすぐに血を固めるための働きを強くします。そのため血栓ができやすくなるというリスクが高くなります。リスク回避のために、40代を超えた人や喫煙をしている人、肥満の人は服用をやめたり、生活習慣の改善を行ってから服用するようにしましょう。
pmsの改善よりも妊娠を望む場合には、服用をやめれば1か月ほどで排卵が起こり、妊娠することは可能になります。